So-net無料ブログ作成
検索選択

REGULATION [Regulation]




全車共通





出走車両は一般公道を安全に走行出来る状態であり、そこから保安部品を取り外した状態をAVCCracer及びFSCRracerとする

必ずエンジン及びトランスミッション下部にオイル受け装置を取り付けること。オイル受けはオイルがこぼれないようにすること。(不燃の吸収剤も装着すること)

オイルキャッチタンクを必ず装着すること。高温に耐えられる素材で、転倒時に脱落したりオイルが漏れないよう確実に取り付けること。又レース前には必ず空にしておくこと。タンクの出口はホースでキャブレター吸入口に持っていくこと。内容量は500cc以上

オイルタンク、オイルフィルター、オイルパイプ等、オイル関係の部品は転倒時、地面に接触しない状態で取り付けること

マフラーには有効なサイレンサーを装着すること

スラッシュカットマフラー等、鋭利な部品は認めない(Zバーハンドル等)

タイヤは市販のオンロード品のみ(レーシング、トレール不可)

チェーンガードを必ず装着すること

ゼッケンは左右285mm以上、上下235mm以上とする。書体はフーツラボルド体とする

0.6mm以上のステンレスワイヤーで以下の箇所をロックする
オイルドレンボルト・オイルフィラーキャップ・オイルフィルター・タイミングマーク・アクスルシャフトナット・アクスルシャフト取り付けボルト・ブレーキ取り付けボルト・ブレーキトルクロッド等

ワイヤーロックはある程度の緩み止めの効果があるかもしれませんが、1番の目的は閉め忘れを防ぐことです

服装は皮革製レーシングスーツ/グローブ/ブーツで、かつ身体に合い安全を確保出来るものとする

レーシングスーツの上にTシャツ等着てはならないが、レインウエアの着用は認める

ヘルメットはフルフェイス型とし、SNELL2010以降(2016年現在)のものでMCFAJ公認ステッカーを張ってあるもの(公認ステッカーはMCFAJの車検場にて検査後貼付¥100)

車両検査において規則違反又は安全上危険と判断された車両は公式予選を含む一切の走行を拒否される

その他、記載のない部分についてはMCFAJロードレース競技規則書、及び車両規則書に準ずる



















A.V.C.C.
American Vintage motorcycle Competition Clubman roadrace






全クラス共通


1948年までに生産されたUS製motorcycleであること

車体構造はスプリンガーフォーク又はガーターフォークとリジッドフレームに限る

フレームは純正のリジッドフレーム及び純正と同寸、同構造のリプレイスタイプに限る

フレーム補強は認めるが外寸が変わらないこと

フロントフォークは純正と同寸、同構造のリプレイスタイプに限る

ブレーキは前後ドラムブレーキに限る

シフトはハンドシフトに限る

ミッショントップはラチェット機能を持たないこと

ホイールはスポークホイールに限る

INDIANはAVCC事務局にお問い合わせください






A class 共通


1000cc,61cu.in以上の陸王を含むUS製motorcycle

パンヘッドは1965年まで認める。陸王は年式を問わない

シリンダーは自由選択とする

ゼッケンは白地に黒文字とする






Modified A class     【MDF A class】


排気量増は20%以内とする(上限1440cc)

エンジンの外装はその年のオリジナルを保つことが前提。但しナックルのシリンダーヘッドはフラットヘッドパワー、パンのシリンダーヘッドはTポートの仕様を認める

クランクケースは純正又は純正に準ずる外観を備える社外品に限る
使用可能の例・・・・・V-twin mfg、S&S等の純正リプレイス品
仕様不可能の例・・・ナルクロン等著しく外観の異なるもの。ドラッグレース等競技使用を前提としたもの
(判断できない場合はAVCC事務局までお問い合わせください)

キャブレターは自由選択とし交換可とする。インジェクションは認めない

ブレーキはドラムブレーキであれば改造、交換は自由とする

ゼッケンにMマークを付ける






Stock A class     【賞典外クラス】


このクラスは賞典外クラスである

排気量は市販オーバーサイズのみ、ULクランクを使ったストロークアップは不可

点火はポイント式に限る。マグネトーは使用可

ステップ/リアブレーキペダル/シート/ハンドル/フェンダーの変更、タコメーターの取り付けは認める

車体周りの嵩上げは一切認めない

油圧式ステアリングダンパー及び油圧式ショックアブソーバーの仕様は禁止

キャブレターは純正採用されたものに限る。チューニングは認める。UL系エンジンは自由選択とし交換可とする

エアクリーナーの変更は認める

ブレーキは当時の純正採用されていたものに限る。リプレイス品含む(Wリーディング不可)






B class 共通


900cc未満の陸王を含むUS製motorcycle

W及びG系統のエンジンは年式を問わない

ゼッケンは黒地に白文字とする






Modified B class       【MDF B class】


排気量増は20%以内とする(900cc未満)

エンジンの外装はその年のオリジナルを保つことが前提

WR及び648(big-base)はModified B classとする

WRのパーツを使ったチューニングはModified B classとする

Kモデルのシリンダー及びシリンダーヘッドの仕様は認める

キャブレターは自由選択とし交換可とする。インジェクションは認めない

ブレーキはドラムブレーキであれば改造、交換は自由とする

ゼッケンにMマークを付ける






Stock B class


排気量は45cu.in.迄とする(市販オーバーサイズピストンは使用可)

Kピストンの仕様は認める

点火はポイント式に限る。マグネトー点火の仕様は認める

油圧式ステアリングダンパー及び油圧式ショックアブソーバーの仕様は禁止

キャブレターは純正採用されていたものに限るが4ボルトのキャブレターは使用不可

エアクリーナーの変更は認める

XAモデルのスプリンガーの仕様は認める

ブレーキは当時の純正採用されていたものに限る。リプレイス品含む。(Wリーディング不可)

基本in exバルブのビッグバルブ化認めないがWLD迄の加工は認める

車体周りの嵩上げは一切認めない(T/M等)

WLDRのカムシャフトは使用可

エンジンチューニングは基本認めない(ベアリング、フライホイール交換等)






F.S.C.R.
Fighting Shovel Clubman Roadrace


Shovel以前のUS製motorcycleに限る

排気量は1440ccまでとする

キャブレターの変更は認めるがインジェクションは認めない

T/Mの変更は認める

ホイールはスポークホイール又は、国内外問わず純正採用されているキャストホイール。ハーレー用のPMは許可する
ACTIVEから発売されているグライドホイール、ゲイルスピードの使用は禁止する

17inchホイールの仕様は禁止

ブレーキのピストン数は2POT以内。但しPM等のハーレー専門カタログ(V-twin CCI等)に記載されているものはピストン数に制限なく使用可。純正4POTは使用可。ドラムブレーキはWリーディング等自由選択とする

マスターシリンダーの形状はラジアル、セミラジアルの仕様は禁止。但し純正キャリパー(リプレイス品含む)との組み合わせに限っては使用を認める

ブレーキローターは320mm以下のローターに限る。シングル又はダブルは問わない

フリントフォークは41mm以下のインナーチューブに限る。倒立フォークの仕様は禁止。スプリンガーは2inchオーバー迄とする

点火はポイントから無接点(フルトラ点火)まで自由選択とする

フレームは純正、又は純正と同寸法のリプレイス品に限る補強は認める

スイングアームはSHOVEL迄んの純正品又はリプレイス品に限る。ショックの取り付け位置変更は認めるが、長さの変更は認めない

リアショックは自由選択とする

ゼッケンは白地に黒文字とする






XR


1972年以前のエンジンに限る。同系統のエンジンは使用可

排気量UPは不可。クランクは純正に限る

ブレーキキャリパーは2POT迄とする

ブレーキローターはシングル320mm以下、ダブル300mm以下とする

フロントフォークは35mm以下とする。倒立フォークは認めない






K


エンジンチューニングは自由とする












その他不明な点があればAVCC事務局までご連絡ください





















2016 3戦 MDF-A [リザルト]

http://avcc1996.jimdo.com/








優勝 19  横山 宗平 ZERO engineering  HD-FL1380
DSCF4389.jpg
1'14.289









2位 26  米澤 政幸 TEAM-HOT-DOCK  HD-FL1440
DSCF4400.jpg
1'21.015










DSCF4430.jpg









DSCF4435.jpg









今年は2016年

AVCCの前身であるWVCCが生まれたのが1996年

そうです20周年です

おめでとう!




自分がパンヘッドを手に入れたのが1995年

WVCCの存在を知ったのが、おそらく1996年

WVCC初参戦が1999年

WVCCを知ってから参戦まで色々あったな・・・




WVCCからAVCCへ




そして今に至るわけだけど

自分とハーレーとの関わりって

殆どレースだけだなって思う




ハーレーでミーティングへ行ったのも1度だけ

旅は無し、2泊の旅行が1度、ツーリングも確か1度だけ




旧車レースと共に歩んだパンヘッドとの20年以上の歴史

ん~どうなんだろう?


自分としては満足しているのかな?

明らかに他の人とは乗っている時間は短いよね

でもその短い時間がとてつもなく濃いような気がする



やっぱり他人には出来ないことしているから幸せなのかな?

嫌なことも沢山あったけど

そのおかげで成長できたとも思うし・・・



今は立場上走っている暇がないから「走りたい!」って気持ちはなくなっちゃったから

AVCCに対して不満はないし

FSCRが出来てから参加者がドンドン増えてきて

年4回のレースで皆が満足して帰って行くのが生きがいっぽくなったかな・・・



バイク関係以外の友達も殆どいないし

AVCCを辞めたらどうなるんだろう?



もうAVCCって自分にとって生活の一部だね



それが20年って人生のほぼ半分

これから生きていけばもっと長くなるわけで




ってことで、こんな僕だけど

日曜日はよろしくお願いします








http://avcc1996.jimdo.com/

2016 3戦 FSCR [リザルト]

http://avcc1996.jimdo.com/








優勝 7  河北 啓二 TEAM-HOT-DOCK  HD-XR750
DSCF4398.jpg
1'14.372









2位 44  奥川 正紘 Zero engineering+K's trust  HD-FL1380
DSCF4390.jpg
1'14.535









3位 70  清水 湧起 JOYRIDE SPEED SHOP  HD-FLH1430
DSCF4381.jpg
1'22.073









4位 27  中村 智春 らくだ kitchin cafe  HD-FLH1200
DSCF4386.jpg
1'22.339









5位 76  渡邉 清和 オートグラフィック フジシマ HD-XR750
DSCF4388.jpg
1'23.317









6位 82  宮本 幸治 ミヤモリック&HOT-DOCK  HD-XR750
DSCF4397.jpg
1'26.295









7位 46  滝沢 伸介 LSR+HOT-DOCK  HD-XR750
DSCF4399.jpg
1'26.385









8位 30  川上 浩平 M.O.S.S.レーシング HD-XLCH900
DSCF4383.jpg
1'36.204









***** 以上チェッカー *****









74  山口 祐樹 Mackies Racing  HD-FLH1200
DSCF4395.jpg









DSCF4426.jpg









DSCF4432.jpg









DSCF4433.jpg









DSCF4434.jpg









巷では千里浜が盛り上がっているね

SNSが千里浜だらけ

羨ましい限りです

うちのメンバーもエントリーがたくさんいるみたいなので

無事に怪我もなく終了して来週の筑波に元気に来てもらいたいです











http://avcc1996.jimdo.com/

2016 3戦 MDF-B [リザルト]

http://avcc1996.jimdo.com/









優勝 85  田邊 英孝 natural Steel Works  HD-WLA750
DSCF4393.jpg
1'23.093














2位 92  志賀 優基 R.T. IDATEN  陸王-RQ750
DSCF4402.jpg
1'24.066














***** 以上完走 (MDF-B : 4Laps ) *****









60  船水 猛 TOKYO Indians RACING CLUB  Indian-Big Base750
DSCF4401.jpg














DSCF4418.jpg




DSCF4431.jpg









昔、旧車仲間とある人へ会いに行ったときの話

その人もバイクが好きみたいで「私も旧車好きなんですよ~」

って言うから、俺たち目が輝いちゃってね

「私も旧車乗っているんですよ~」だって

もう、超期待して俺たち見に言ったさ!



でも、見てビックリ!

なんと! 80年代のバイクだったんだよ

俺たちの輝いていた目が一瞬で腐った魚の目に・・・




でもさ、80年代だって30年前のバイク

立派な旧車だよね

俺たちは何を期待していたんだ?



そんな変わり者の僕です

ヨロシク









http://avcc1996.jimdo.com/

2016 3戦 STOCK-B [リザルト]

http://avcc1996.jimdo.com/









優勝 83  松井 康通 Natural Steel Works  HD-WLA750
DSCF4384.jpg
1'24.038









2位 65  小林 寛明 Natural Steel Works  HD-WL750
DSCF4391.jpg
1'26.249









3位 25  杉本 晃一 Hungry Devil's  HD-WLD750
DSCF4392.jpg
1'29.423









4位 49  久岡 祐三 TEAM☆MIYAKOSHI  HD-WLA750
DSCF4387.jpg
1'36.504









5位 71  嶋田 浩史 Natural Steel Works  HD-G750
DSCF4394.jpg
1'37.503









***** 以上チェッカー *****


***** 以上完走 (STOCK-B : 4Laps ) *****









73  古山 彰一 El Mirage  HD-WLA750
DSCF4396.jpg
1'37.951









77  西田 裕 JOYRIDE SPEED SHOP  HD-WL750
DSCF4382.jpg
1'30.357









12  吉井 俊夫 ナチュラルスティールワークス HD-WLA750
DSCF4385.jpg
スタート出来ず









DSCF4421.jpg




DSCF4428.jpg




DSCF4429.jpg














先日、足に使っているモンキーバッテリーが上がっちゃってね

キーをONにしてもニュートラルランプが付かなくないんだよ

中華の激安バッテリーだからしょうがないなぁなんて

まぁウィンカーがキチンと点滅しないだけで特に問題はないから、そのまま乗っていたんだよね


でね、とある日バッテリーを外したんだけど

そこにヒューズが2つ付いてて良く見たら1つ切れてんだよ!

あれっ? もしかして! って思い

ヒューズ交換してキーをONにしたらニュートラルランプが

見事にランプが付いたよ!


どうゆうこと?

何のヒューズ?

意味なくない?

誰か教えて!









http://avcc1996.jimdo.com/

VIBES [VIBES]

http://avcc1996.jimdo.com/









VIBESの発売です

CCI20160911.jpg


今回は加藤さん特集!


P18~19

それにP28~29



80歳になったらレース復活だって(現在76歳)

詳しくは買って読んでね









http://avcc1996.jimdo.com/

2016MCFAJ Clubman roadrace 第3戦筑波サーキット 決勝 [リザルト]

http://avcc1996.jimdo.com/




前回何で改行出来なかったんだろう?







そして猛暑の中スタート前チェックに向かうライダー達

DSCF4403.jpg

DSCF4404.jpg

スタート前チェック

DSCF4405.jpg

上から見るとこんな感じ

DSCF4406.jpg

やっぱ暑いんだね

人がいない

日陰に避難だね

DSCF4407.jpg






DSCF4408.jpg




グリッドへ

DSCF4409.jpg

DSCF4410.jpg

DSCF4411.jpg

DSCF4412.jpg

DSCF4413.jpg

DSCF4414.jpg







フォーメーションラップスタート

今回フォーメーションラップは2周

1周目続々とマシンをチェックしながら走っていく

そして2周目の1コーナーで♯12が転倒



フォーメーションラップを終えたライダーがグリッドに着くが

エンジン停止の合図

1コーナーの処理が終わるまで待機

今回16分レース全体が早まっていたので

全6週走れるようになった

これはラッキー!


処理が終わりエンジンスタート

そのままスタートになりそうだ

だがスタッフがわかっていない、コースで旗を持って仁王立ち

無線での怒鳴り声が続く

ようやくスタッフが理解してコースから出ていく



クリスマスツリーにレッドシグナルが付く

そしてコントロールタワー内では

「レディーーーゴー!!!」

レッドシグナルが消えてレーススタート



飛び出したのは♯7 ♯19 ♯44の3台

今回この3台がドッグファイト

今までのAVCCレースの歴史の中でもこんなドッグファイトは初めてだろう

このレースを見れた自分は幸せ者だ

この3人に感謝感謝感謝

正直この3人に夢中で他のバトルは殆ど頭に入らなかった



なので頭に残っていることを少しだけ


まず♯73途中でエンジン不調でピットイン

パンパン言っていたらしい

帰ってきたらチェーンガードのボルトも脱落していた




そして♯77

なんと! ダンロップでチームメイト♯70のRフェンダーに接触

そのまま転倒リタイヤ





で、今回もまたダブルチェッカー(涙)

そう今回初出場の♯60船水

♯60のマシンはIndian Big Base

おそらく日本に1台だろう

当時のファクトリーレーサー

こんな車両が見れるのもAVCCだけ

まだAVCCをサーキットで見たことが無い人は

是非サーキットでAVCCを見てほしい

DSCF4427.jpg




優勝 ♯19
2位 ♯7
3位 ♯44
4位 ♯26
5位 ♯70
6位 ♯27
7位 ♯85
8位 ♯76
9位 ♯83
10位 ♯92
11位 ♯65
12位 ♯82
13位 ♯46
14位 ♯25
15位 ♯30
16位 ♯49
17位 ♯71

以上チェッカー




クラス別はまた次回









http://avcc1996.jimdo.com/