So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 2nd STOCK-B [リザルト]











このたびの大雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます

1日も早く元の生活に戻れるよう祈っています














優勝 83 松井 康通 Natural Steel Works  HD-WLA750

DSCF0800.jpg

2'38.182









2位 65 小林 寛明 Natural Steel Works  HD-WL750

DSCF0794.jpg

2'48.907









3位 95 三柴 安生 El Mirage  INDIAN-Sport Scout

DSCF0803.jpg

2'48.669









4位 42 米本 利在 RASH RACING CLUB  HD-WLA750

DSCF0801.jpg

2'51.672









5位 71 嶋田 浩史 Natural Steel Works  HD-G750

DSCF0792.jpg

2'58.079









DSCF0821.jpg

DSCF0822.jpg

DSCF0823.jpg

DSCF0824.jpg

DSCF0825.jpg

DSCF0826.jpg

DSCF0838.jpg

DSCF0839.jpg










nice!(0)  コメント(0) 

2018 Clubman road race 2nd FUJIspeed way [リザルト]











6月24日 富士スピードウェイ

早朝のサーキットは雨

天気予報は曇りのはずだが・・・



雨の中受付、車検と準備が進む



予選スタートの時間が迫るが雨は止まない



運良く予選スタート時は雨は止んだ

しかし路面はウェットだ

そのせいか予選を危険するメンバーが数人


富士はコースに川が出来たり水たまりが出来たりする恐ろしいコースだ



皆慎重に走ったがマシントラブルが数台

ほとんどのマシンは修理して決勝進出

転倒車もいたが大したことはなさそう


ウェットの予選PPは♯7の渡邊

PPは初めてだ






決勝はドライ

雨は既に止んでいる

だが前のレースで赤旗が続出

スタートが40分も遅れてる



レーススタート

2周終わって3周目に事件は起こった

メインストレートど真ん中で♯66がエンジンストップ

どうやら抱き付きらしいがコースの中央で止まっている

コントロールタワーでは「赤旗ー!!!」

♯66は手を挙げて後続車にアピール

運良く他の車両は♯66を避けてくれた

タワーで見ていたオイラは心臓が止まるかと思ったが

誰1人ケガがなかった

朝のミーティング時にスリップ禁止を守ってくてたメンバーに感謝だ

マシントラブルは誰にでもある

約束を守ってくれたメンバーの紳士的な走行に感謝します




ありがとう







今回40分遅れたのでレースクィーンは帰ってしまったらしい(涙)
DSCF0834.jpg







詳細なリザルトは後日





nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。